勉強を進んでやる子にしたいなら、子供の宿題は親が見ることです。

子供が将来困らないように勉強をしてほしいと思うのは親として当たり前のことだと思います。しかし、願っているだけでは子供の成績は良くなりません。

子供は、よっぽどしっかりした子ではない限り、放っておけば勉強なんてしません。まずは、親がしっかり見てあげることだと思います。

 

親が勉強を見てあげれる時期は限られてきます。

中学生になってくると内容が難しくなってきて、数学は特に問題の解き方も、高校の授業で公式を学んでしまったために、公式をならっていない中学生の問題は親にとって難しくなります。こういった時は塾や家庭教師もよいと思うのですが、勉強をしない子に対して、塾や家庭教師をつけるのは間違いです。

 

勉強をしない子を塾に行かせたとしても、ただ子供の時間を奪って、お金を捨てているだけになります。

塾は「自分で勉強をする子が学力をあげるため」と思ってよいかもしれません。まずは、学校で学んだ事をしっかり復習することです。

 

それが「宿題」です。小学校時代でこの宿題を親が一緒にやってあげることが「勉強を自分からやる子」にする一歩です。

宿題を一緒にする事で、子供がつまづいている箇所がわかります。それをその日にクリアにする事で明日の授業に進む事ができるのです。

 

小学校の宿題は親でも十分教えてあげられます。これができないのに、子供の成績が悪いなど言ってはいけません。

子供の宿題を一緒にする事が親の宿題と思って、毎日時間を取りましょう。

 

子供も一人寂しく宿題をするより、親とする方が楽しいはずです。

そして、間違っても頭ごなしに叱るのではなく、どうしてそのような間違いをしたのか一緒に考えましょう。

 

親が宿題を面倒くさがっては、子供も同じ気持ちになって当たり前です。子供の成績をあげたいなら、親が勉強する事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ