子供とよく会話をすることと褒めることが子供の成績アップには必要です

子供の成績だけでその子供の評価として決まってしまうわけではありませんが、成績があまりよくないというのは、いろいろな面でも伸ばせるチャンスを活かせていないということがあるのかもしれません。

 

子供の学習への取り組みとして勉強が楽しくない、良い成績を取りたいという気持ちになっていないことが問題であり、どちらかというと別のものに関心がいっているということがあるのではないでしょうか。

ゲームをすることだったり、なにかの趣味かもしれません。子供の集中力や力をそうしたものから学習に向けてあげる必要があります。

 

できることは子供とよく話をすることと、褒めるということです。ダメ出しばかりをされると子供はおそらくもっとやる気を失ってしまうかもしれず、成績はさらに下がる逆効果になってしまうかもしれません。

子供と会話をするために、リラックスした雰囲気でさりげなく話をするようにします。

 

食事を一緒に食べているときとか、なにか家の用事を一緒にしているときなどに学校のことや授業のことを聞き出してみることができるでしょう。

なにが成績不振の原因になっているのかがわかるかもしれません。そしてその原因がわかれば、どのように改善することができるのかということが自然にわかってくるものです。

 

褒めることはとても大切なので、どんな小さなことであったとしてもできたことを褒めるようにすることで、子供はやる気になっていくものです。

勉強の仕方の問題もあるかもしれませんが、多くの場合そのための意欲を持たせることが重要であり、それができれば親があれこれ言わなくてもそれなりに成績は上がってくるに違いありません。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ