通信制高校なら幅広い年齢層の人達との交流ができる

昨今の時代、通信制の高校に通う高校性は時代と共に増加しています。

そこで、通信制高校のメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

 

まずはメリットですが、通信制の高校は全日制や定時制高校と比較すると圧倒的に通学日数が少ないという事。

そのため、自分のための時間が多くもてるので、アルバイトや、芸能関係やスポーツのプロを目指す活動も可能になります。

 

そして、不登校者でも入学が可能という事。

通信制は全日制高校に比べ、内申書が入学に影響する事はほとんどありませんので、不登校だった子供が入学に不利になるという事がありません。

 

そして、幅広い年齢層の人達との交流ができるという点もメリットです。

 

通信制の高校は単位制ではないので、学年の区別がありませんので、色々な境遇の方達が在籍しています。

自分と同じ経験をした方もたくさんいらっしゃいますので、新しい人間関係も築けます。

そして、経験豊富な年配に方からの相談や、アドバイスも聞く事ができます。

 

デメリットとしましては先生からの学習指導を受ける時間が少ないため、約半数が中退してしまうという現実があるという事。

そして、全生徒が卒業後の進路設定が行えているわけではないという事が挙げられます。

 

しかし、静かな環境で勉強がしたいという方にとっては、これに越した事はありません。

これらのメリット、デメリットを考慮して、通信制高校への入学を検討してみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ