就職では「なぜ通信高校なのか?」の問いに答えられるようにしておくこと!

通信高校のメリットといえば、最大な理由は「高校卒業の実績が得られる」ことです。

 

正直、今の時代では、高校を卒業しなければ、まともなアルバイトすら出来ません。

ハローワークに行ってみても高校卒業していないと、ほとんど相手にしてもらえません。

 

相手にしてもらえないというのは、仕事自体の紹介できる企業がほとんどないということです。

それを踏まえて、高校卒業の実績が通信で得れるなんて素晴らしいです。

 

通信といえども、たまに学校には行きますが、ほとんど行かなくていいので、わずらわしい人間関係には悩まされずに済みます。

高校は不登校ぎみであっても、通信高校卒業していれば、大学への道も開けますし、大学は高校とはまったく違う世界なので、通いやすければそこで不登校もなくなるかもしれません。

 

なにもしないより、通信高校へ行こうという気持ちがあるならいいと思います。

それと、授業料もそれほどかからないので、受けやすいはずです。

 

デメリットとしては、就職活動の面接で「なぜ、通信高校なのですか?」という質問に明確におかしくない理由で答えられるかということです。

ここは重要で、企業側としても、わざわざ不登校をしていた人物を進んで雇いたいとは思えないからです。

 

なので、そこをどううまく理由をつけられるかが、大切だろうし、そこの部分をおさえればいいのではと思います。

大学まで行く予定であっても、それはキチンとうまくまとめて置くべきです。

 

以前にたまたま、同じ職場の人が通信高校卒業だったので、一瞬だけ、どうして通信高校卒業なんだろう?と疑問に思ったことがありますが、特に話す機会がなかったのでそのままになりました。

そういう、同じ職場でのやりとりも上手くできるようになればいいのではと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ